写真映えな衣装で前撮り♪京都おすすめフォトスタジオ » 知っておきたいフォトウエディングのあれこれ » 体型別に紹介!和装と洋装の上手な選び方のコツ

体型別に紹介!和装と洋装の上手な選び方のコツ

和装や洋装は、体型はもちろん着物やドレスの型によって、選び方が変わってきます。ここでは、和装と洋装別に上手な選び方について、そのポイントをまとめてみました。

和装の選び方のポイント

着物は、洋服以上に体型によって左右されやすい衣装です。ぽっちゃりタイプの方には、色は濃い目で縦方向の柄がおすすめです。
淡い色で着る場合は、帯の色を濃くしてぼやけてしまった印象をきゅっと引き締めます。重ね衿にはっきり目の色を選ぶのもいいですね。

逆にほっそりタイプさんでは、淡い色の着物や帯、小物がおすすめです。
大きい柄がボリューム感を出してくれますが、あまりやりすぎてしまうと逆効果になってしまうので、中くらいで色使いの華やかな柄がおすすめです。

濃い色合いの着物を選ぶときには、なるべくたくさんの色味が入った着物を選ぶようにするといいです。

背が高い人は、大きい柄や大胆な柄がおすすめ。小さい柄物の着物を選ぶときは、ヒザやモモの高い位置まであり、帯の色と同色系にするといいです。

逆に小柄さんは、柄が小さめのものがおすすめ。大きい柄では、着物ばかりが目立ってしまいます。

洋装の選び方

洋装にはさまざまな形があり、体型によっても見栄えが変わってきます。

背が高いけどぽっちゃり体型の方には、プリンセスラインベルライン

逆に痩せ型の方には、マーメイドラインエンパイアライン、スレンダーラインがおすすめです。

背が低めでぽっちゃり体型の方には、エンパイアライン。逆に痩せ体型ではスレンダーラインやプリンセスライン、ベルライン、ミニ丈のドレスが向いています。

自分に似合う
衣装を見つけよう!

ただ、ここに記載したものは一般的な例であり、最終的には似合うものを探すのが一番。インナーで好みのドレスに合わせることもできますから、ドレスショップの方に相談してみるといいでしょう。

もし可能であれば、親族や親しい友人などに見てもらい、客観的なアドバイスをもらうのも参考になっていいですね。

また、ウェディングドレスといえば「白」ですが、これには3種類あります。

一般的に言われる純白の「ホワイト」、日本人の肌に一番馴染みやすい「オフホワイト」、黄色みが強い「アイボリー」です。

肌の色との相性も考えて選ぶと、より自分に最適なドレスが見つかります。

サイドバー画像

前撮りは一生に一度の記念日。京都で撮るなら可愛くておしゃれな和装がおすすめ♪
そこで写真映えばっちり!な可愛い衣装を取り扱う、おすすめの前撮りスタジオを3選ピックアップしてみました。

衣装が可愛い♥
前撮りスタジオ
3選を見る