前撮りスタジオ徹底比較in京都

京都エリアの前撮りスタジオを徹底リサ―チしました!

HOME » 知っておきたいフォトウエディングのあれこれ » 平日撮影で安くフォトウエディングを行うコツ

平日撮影で安くフォトウエディングを行うコツ

挙式をするよりもリーズナブルでお手軽、お二人の大切な記念を残すことが出来る人気のフォトウエディングの費用を抑えるコツをご紹介します。

平日撮影で15,000円〜20,000円も安くなる!

「ラヴィ・ファクトリー」の「洋服スタジオ基本プラン」なら土日・祝日は53,000円の料金がかかりますが、平日だと38,000円で15,000円も安くなります。

「スタジオTVB」の「祇園ロケーションプラン」なら土日・祝日は50,000円の料金がかかりますが、平日だと29,800円で20,000円もお得です!

このように平日に予約すると料金設定を安くしているスタジオが多く、予約する人数も週末や祝日に比べて少ないので待ち時間が短くスムーズに撮影出来るメリットもあります。

キャンペーンを利用すれば最大32,000円の割引サービスも受けられます

「ラヴィ・ファクトリー」では「洋装1着プラン」は120,000円ですが、キャンペーン中であれば22,000円の割引が適用されますし、「洋和各1着プラン」は通常230,000円かかりますが、キャンペーン中であれば198,000円で32,000円も割引してもらえます。
期間限定キャンペーンをうまく利用すれば、かなりの費用を抑えられそうです。

小道具を持ち込んでもそれほど費用は抑えられない

髪飾りやアクセサリーといった装飾品をはじめ、撮影の際に使用する花束や小道具などを持ち込んで、費用を抑えようと考えている方もいるかもしれません。

しかし、基本的には各プランの料金は小物一式を含んだものであることが多く、思ったより費用を抑えることはできないでしょう。ブーケや髪飾りは無料貸し出しのスタジオもありますので、レンタル料金はあまりかかりません。

持ち込み事態は基本無料なので、思い出のつまったお気に入りの小道具を持ち込んで撮影するのは、ほとんどのスタジオで可能でしょう。

撮影と現像が別料金なら現像を自分で行うことで費用が抑えられます

スタジオによっては撮影と現像が別で、撮った写真を現像すると、その分の料金を取られてしまうことがあります。

もし写真の現像にお金がかかってしまう場合は、データだけをもらい写真屋さんに出したりご自分でプリンアウトしたりする方が費用を抑えることが出来ます。

オプション設定をしっかりチェックする

スタジオによっては様々なオプション設定をしており、サービスによっては10,000円以上かかるものもあり、気が付いたら多額の費用を請求されてしまうこともあり得ます。

例えばアルバムやカードへのプリントアウトや、ロケーション撮影の場所など気づかずにオプションを選んでいる場合があります。

そこで実際に撮影をする前に費用の総額とその内訳、無料で利用出来るサービスと課金されてしまうサービスをしっかり確認しておくことをおすすめします。

 

前撮りができる人気スタジオセレクション 京都編

京都でいちおしの前撮りスタジオの口コミをチェック!

知っておきたいフォトウエディングのあれこれ

京都でおすすめの前撮りロケーションスポット