写真映えな衣装で前撮り♪京都おすすめフォトスタジオ » 京都でおすすめの前撮りロケーションスポット » 神泉苑

神泉苑

【HARUWEDDING】神泉苑
引用元HP:HARU WEDDING公式サイト
https://haruwedding.com/photo/location.php

ここでは、神泉苑のおすすめ撮影スポットをご紹介します。

庭園

794年の平安遷都とほぼ同じ時期に、平安京大内裏の南に造営されました。 宮廷の宴の場であり、天皇が行幸して花見が行われた場所であり、天皇ゆかりの庭園として歴史的価値が高い撮影スポット。

春には桜がきれいに咲き乱れ、絶好のシチュエーションに。

空海(弘法大師)の雨乞い祈祷と、源義経の恋の伝説と古き歴史も残る場所。5月には「静御前の舞」という祭事も行われています。

恵方社

国内でも珍しい恵方社が神社内にあり、そこには恵方を司る歳徳神が祀られています。

陰陽道では、その年の干支により歳徳神がいる方角が異なるため、毎年変わる恵方に対応できるよう社殿を動かせるようにされています。

恵方は、大みそかの夜に社を持ち上げて回転させ、新年の恵方に向けられます。

法成橋(朱塗り橋)

慶長8年(1603年)、徳川家康が二条城を造営した際に、神泉苑の敷地も城内に取り込まれました。その際に、水源も城内に引き込んでいます。

春には、何百本もの桜が咲いている見事な風景がみられます。雰囲気からも結婚式の前撮り撮影では人気の高い場所であり、着物姿のカップルで賑わっています。

法成就池

神泉苑のアイドル的存在にもなっている、ルルちゃんと呼ばれるアヒルが住んでいます。他にも、鷺や鴨も生息。朱色の法成橋と法成就池のコントラストが美しく、撮影スポットとしても有名です。

龍神(善女竜王)が住むといわれており、その水は決して枯れることが無いと言い伝えられています。
また、皇族が舟遊びで用いていた龍頭鷁首の船があり、ゆっくり食事も楽しめます。

ロケ地に選ぶ場合の注意点

【HARUWEDDING】神泉苑_神社前
引用元HP:HARU WEDDING公式サイト
https://haruwedding.com/photo/location.php

有料拝観の受付も必要ない境内自由の神社では、拝観の受付窓口より手前の庭園や建物の外観、鳥居、門前では撮影OKとしているところが多いです。

ただ、神社仏閣の写真に関する著作権は大変難しいものなので、直接確認することは絶対です。

建物の外観にも肖像権があり、境内を含めて神社が所有する敷地内で撮影したすべての写真に、神社側に利用禁止権利があります。

おすすめはやはり桜が綺麗な春。他のロケーション場所とくらべ、撮影の条件もそこまで厳しくないため、春に前撮りを考えている人には最適な場所といえるでしょう。

サイドバー画像

前撮りは一生に一度の記念日。京都で撮るなら可愛くておしゃれな和装がおすすめ♪
そこで写真映えばっちり!な可愛い衣装を取り扱う、おすすめの前撮りスタジオを3選ピックアップしてみました。

衣装が可愛い♥
前撮りスタジオ
3選を見る